チェンバロについて

チェンバロについて調べてみました。

チェンバロは、16-18世紀に広く用いられた鍵盤楽器で、
鳥の羽軸や皮などで作られた小さな爪(プレクトラム)が
金属製の弦をはじくことで発音します。

1段鍵盤で1列の弦をもつものや2段鍵盤で数列の弦をもつものなど
いろいろな種類のものがあります。

弦にフェルトなどをあてて音の余韻の消し、
音色を変えるリュート・ストップをもつ場合が多く、
また2段鍵盤の楽器では上鍵盤を下鍵盤に連動させるカプラー装置が
備わっているものもあります。

Comments are closed.

free blog themes