Archive for the 音楽 Category

心を癒やす

音楽は確かに日々の疲れを癒やすのかもしれませんし、
私自身、恋に悩んでいる時など
ある歌手のミルクティーという歌をきき、
それが「あなたへの特効薬です」と言われ(今はありませんが、
某チャットサイトの音楽部屋の管理人から)、
度々その歌を聞き涙したものです。
涙するということは感情を表に出すため
一時泣いたら気持ちはいくらか晴れるものです。
女性たちに日々の疲れを癒やすものを質問した所、
ランキングトップにはアーティストとありました。
これは納得する部分がありました。
が・・・今の私なら植物かもしれません。
もちろんゆったりと過ごしている時には大好きなアーティストのPVをよく観ています。
ランキングトップの特徴として感じたものは
音楽が上位、それからメディアに登場するモノ達でした。
5位にはスポーツ選手とありましたが、
スポーツ観戦ならストレス発散にもつながるので
心の元気を考えれば納得がいったものです。

走行中に注意すべきこと

音楽が好き。
私も大好きなアーティストがいますので、
その曲を何度も聞いています。
でも走行中にそのアーティストの曲を大音量で聞くことはやめてします。
一番危ないのが、外の音まで聞こえなくなるほど大音量です。
特に自転車、自転車走行中では音楽を聴きながらだと楽しいものですが、
周囲の音が聞こえないために事故に巻き込まれる可能性があります。
これは自動車の運転だってそうですし、
あなたが危ない状況になりそうという時、誰かがクラクションを鳴らして注意を促しているのに
あなたにはそれが全く聞こえなかったとしたらどうでしょう?
想像しただけでも身震いしてしまいます。
家の中でも同じかもしれません。
特に小さい子供がいる場合、子供の危険を察知できなくなります。
小さな物音でも敏感にならない限り、
事故を防ぐことは出来ません。
普段と違う音を耳で察知してあげることで事故を防げたりするのです。

時には気分転換を

好きなアーティスト、好きなジャンルの曲を聞くのが一般的です。
私だってそうです。
ただ、ハマりすぎて毎日毎日それを聞くことによって
ちょっとした心の変化が出ることもあります。
特に、そのアーティストが病気であるとか、お亡くなりになった。
という時の場合。
実は私もそのようなアーティストの曲を何日も何時間も聴いていたのです。
何も手につかずになる私。
そうなってはならないということで、
違うジャンルの曲を聞いたら気分転換になりました。
頭のなかに流れるのは好きなアーティストの歌なのですが、
違うジャンルの曲を聞いている時には忘れることが出来ますし、
何も手につかないということがなくなったのです。
アーティストにとっては、
ファンでいてくれる方が幸せでいることを望んでいることでしょう。
何も手につかない状態になることは望んでないと思うのです。
だからこそ必要なのが気分転換。
それには音楽以外のものもいいものです。

たまのMVは楽しい

昔懐かしい音楽。
好きなアーティストが居るなら動画検索をしてみましょう。
当時はミュージックビデオなるものが存在しなかったであろう時代のアーティストの姿。
それが昔の映像とは思わないほど鮮明に動画化されていました。
そのアーティストが活躍してたのはもうかれこれ30年以上も前のこと。
テレビ出演してた頃の記録があり、
技術を駆使して再現されたものだと思います。
PV。
これはプロモーションビデオの略語ですが、
それが世の中に登場したのが20年以上も前の話。
もしかすると30年位の歴史があるかもしれません。
その当時、深夜のテレビ番組があり、
PVをたくさん紹介していたのです。
CDを聞くのもいいものですが、
たまには好きだったアーティストの動画を探して閲覧してみましょう。
中には探せないアーティストもありますが
その当初有名になったアーティストのものなら探せばきっとあります。
きっとハマってしまうことでしょう。

大人になると変わること

大人と言っても、中年以降に変化が来るのだなと感じていることがあります。
それは好きな音楽でも大音量で楽しめないということです。
中には中高年になっても大音量で楽しむ方もいるでしょうが、
多くの方の場合、若い頃よりも音量を下げて聞かれているのではないでしょうか?
ラジオ番組だってそうだと思います。
音が大きいと、心臓に悪い気がする。
あるいは却って気が散るというようになってきます。
中年までに経験した音によるトラウマもそのせいかもしれません。
事故の音、怒鳴り声、その他もろもろ。
生きていく中で経験したことが音量のトラウマにつながっているのでは?
なんて感じるものです。
経験することが多ければ多いほどそうなるのかもしれませんね。
若い方よりも中年以降だと、心臓に悪いような音を耳にする回数は増えていきます。
都会から田舎で暮らすことを希望する。
それも雑踏と雑音を逃れて静かに暮らしたいという願いからそう思うようになるのです。

コマーシャルソングや主題歌

知らないアーティストでも、コマーシャルソングや主題歌を歌うことによって
人気になったりします。
耳につくようになり、その音楽が好きになるということもあり、
誰が歌っているんだろうとネット検索したり、
テレビでそのアーティスト情報を得てファンになることもあります。
おそらく多くの方がそうやってファンになっていると思いますが、
かなり昔の楽曲というのもありますよね?
それによって若い世代がその歌を知り、はたまた
若いアーティストがリバイバルしたりするのです。
良い音楽は世代を超えて好まれるということなのでしょう。
人気曲となるためには、また、そのアーティストが売れるためには
テレビやラジオなどで使ってもらうということになるかもしれません。
有名になったアーティストの中には、アマチュア時代にライブをしてた。
という方々もいるようですが、メディアに取り上げられることでプロとなり、
それだけで食べていけるようになるのです。
良い音楽はいつまでも残る。
そのアーティストにとっては最高のことだと思います。

歯磨きのための音楽?

歯磨きのための音楽?
歯磨きを楽しくするために、2分間音楽が再生される
電動歯ブラシなのですが、人気アーティストの楽曲が入っており、
朝晩と音楽を好んで決めて再生し
その間歯磨きができるというものでした。
2分という時間、時計とにらめっこしながら磨くには
まだかな~
なんて思いがちですが、その電動歯ブラシは画期的なのでは?
と感じたものです。
外国製らしいですが、歯ブラシの毛の並びも
奥歯まで磨けるようになっていました。
好きなアーティストのものであれば、毎日の歯磨きも楽しくなりそうです。
体をリズムに合わせて揺らしながら楽しく歯を磨く。
しかも適切だと言われる2分間、あっという間に終えてしまうのです。
小さい子用のものもできるといいですね?
商品化されないとしても、お母さんやお父さんが2分程度のCDを流し
その間歯磨きをしてもらっても良いかと思います。
毎日の習慣に組み込むこと、
曲が流れている間歯を磨くということをすれば
虫歯予防にもなりそうです。

他のシンガーが歌うと雰囲気が違ってくる

昨日、日本で有名なグループの楽曲を動画サイトで聴いてたのですが、その中で気になる動画あったので見てみたところ、他のシンガーがその楽曲を歌っているものでした。違う人が歌うとイマイチという感じもいめーじとしてあったのですが、そのシンガーは私が大好きな人でしたので聴いてたのです。良かったです。正直聴いてよかったと思いました。
その楽曲をまた別のシンガーが歌っているものもありましたので聴いたのですが、それはそれでまた味のある仕上がりとなっていたのです。歌う人によって雰囲気がまるで変わってきます。悲しい歌でもリズミカルに軽く歌えば内容は悲しくても明るい光が差しこむように聞こえ、心情を深く表す方が歌えばまた、さらに深くなっていくのです。
本家本元にはうまく歌われることに戸惑いはあるでしょうが、あとの動画にはコラボレーションもありましたので、すっきり感はありましたね。コラボレーションがないままに終わらせてしまうと、しっくり来なかったかもしれません。

常に音楽を聴いている人は若い?

すべてがそうじゃないでしょうが、スマートフォンなどから常に音楽が流れている人を見ると「若いな~」と思ってしまいます。私とさほど年齢は変わらないのではと思うのですが、音楽という刺激が生活の一部となっているのでしょう。
何かをする時、好きな音楽が流れていると作業が捗ります。私の場合だとお掃除の時にそれを一番に感じます。アイポッドやスマートフォンから流すのではなく、家にあるオーディオ機器から流し、家の中どこにいても聞こえるほどの音量で流すのです。ノリノリになり、掃除の捗ることは自分でも面白いほどです。
スローテンポだと手の動きは若干遅くなる。音楽が人の行動に与える影響って凄いですよね?嫌いな作業でもアップテンポナンバーを聞くとあっという間に終わらせてしまえたりします。ということは、音楽って気持ちも動きも若くしてくれるのかもしれません。スローテンポなら人恋しくなる。人恋しくなるということは恋をしたくなるということで、それはそれで気持ちを若くしてくれそうです。

就寝時の音楽

寝る時に音楽を聞いている方もいることでしょう。
特に若い世代だと耳にイヤホンを装着し、スマートフォンから流れる音楽で寝ているほどですがほとんどが、好きな楽曲で、決して静かなものだけではありません。よく寝られるものだなと感心するのですが、かく言う私もその中の1人でした。
音楽では良質な眠りに導いてくれるのもあります。それだと1曲終わらずにあっという間に寝てしまうこともあるのですが、脳に対する作用が違うようです。リラクゼーション音楽であったり、アルファ波を刺激する音楽などはとても良いそうです。眠りに関係のあるアルファ波ですものね。
刺激が強かったりうるさかったりすると脳が覚醒してしまうと言われています。そのため安眠にはつながらないとも言われているのです。
ということは若い世代ならそれに影響を受けないのかと考えてしまうのですが、私が若いころ、1枚のCDすべてを聞いても寝られず、リロードさせてたということもあります。

free blog themes